腰の治療を行なおう

腰に痛みを感じているという場合は、原因をしっかかり解明して最善の治療を受けることが大切です。腰さの痛みの原因には腰部脊柱管狭窄症がありますが、ストレッチなど効果的な方法なります。

詳しく読む

治療もできる

多くの人が命を落としかねない症状には、心筋梗塞という病気があります。しかし、この病気を発症したからといって必ずしも命を落とすのではなく、治療を行なうことは可能となっています。

詳しく読む

腰の痛みの原因

腰部脊柱管狭窄症の改善には

腰部脊柱管狭窄症とは、脊髄の中の神経が通っている脊柱管という管が細くなったために痛みや痺れなどの症状が引き起こされるやっかいな病気です。管が細くなる原因は、加齢のためや大きな刺激によって腰椎がズレる腰椎すべり症などが挙げられます。 早期の発見・治療では、薬物療法やブロック注射、症状に合わせたストレッチなどの取入れで腰部脊柱管狭窄症の症状は改善される場合が多いようです。しかし、中には色々な治療を試してもほとんど効果がない場合や、医師の診断で手術療法を選択する人もいます。 手術によって狭くなった脊柱管が広がると、腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状の間欠性跛行が一気に解消され、発症前のように自由に動けるようになると言われます。

手術の費用を事前に検討する

腰部脊柱管狭窄症の手術は、脊柱管を広げ、狭くならないように固定します。最近は内視鏡手術が可能になり、入院期間も1,2週間と短く済むようになりました。 費用は、手術の部位にもよりますが、健康保険適用の3割負担で20万位と言われます。中には保険外診療の病院もあり、そうなると120万前後からというところもあるようです。 とにかく痛み、痺れの症状から解放されたい、また、仕事に支障のない生活に早く戻りたいと強く思うのは当然です。しかし、そのための費用についても考えなければなりません。入院、手術となると手術費そのもの以外にも出費がかさみます。手術を決める前に、生命保険の給付金を調べたり、費用についてもよく検討する必要がありそうです。

女性特有のがん

がんという病気は数多くの人が命を落としてしまう病気になります。がんが発生する場所は人によっ違いますが、女性特有の種類には乳がんあります。早い段階で発見することによって、完治します。

詳しく読む

免疫力を高める

免疫力が低いという人は、免疫力を高めるために治療を受けることが可能となっています。その治療にはどのような種類があるのかというと、NK療法という種類です。がん予防などにも最適です。

詳しく読む

稀な病気を知ろう

脳動静脈奇形という病気がありますが、この病気はあまり有名ではありません。どのような症状か把握しておきたいと考えるのであれば、現在はインターネットを使用することなどで、簡単に情報を集めることが可能です。

詳しく読む